I AIN'T GOT NO THINK. -絵本の3行まとめと感想文-

こどもに読み聞かせた絵本をはじからメモるブログ。

絵本

おかしな金曜日

母子家庭の洋一・健二の母親が ある日突然姿を消してしまい、 子どもだけで暮らしていく話。 これは僕が小学生の時に、図書室でなんとなく読んでみた児童書だった。たしか5年生くらいだった。 冒頭、学校から帰るとテーブルの上にたくさんのお菓子がおいてあ…

イルミネイチャー

赤、緑、青のセロファン越しに見ると それぞれ違う動物が浮かび上がる 美しいしかけ絵本。 ジャングルや湿地帯なのかな、日本にはいない動物も多いけど色を変えると眺めが変わるし、そのままでもきれいな絵になっている。 最初は飛び出す系かとおもったけど…

あいうえお えほん|とだこうしろう

『おおきなイラストとおおきな字で 1ページ1文字づつ あいうえおが書かれている絵本』 いま幼稚園の子が、字の練習をしている。この絵本をテキストにして、ひらがなをノートに書き写すという使い方を思いつき、やってみている。 「あ」のページは 「あし」 …

大食いフィニギンのホネのスープ | カンブリアエバンズ,Cambria Evans,川島誠

『フィニギンという大食いオバケが とびきりおいしいスープを つくって 町中のオバケとたいらげるハロウィンのお話』 やっぱりハロウィンは日本から遠い文化圏のおまつりなんだなと、こういう絵本を読むと感じる。フィニギンたちオバケがだいすきなスープ と…

おもちのかいすいよく | 苅田澄子,植垣歩子

『おもちのもーちゃんとちーちゃんが 海に来てなかよく遊ぶ ほんわかとしたお話』 おもちが銭湯にいく絵本の続編、おもちシリーズということで読んであげた。 植垣歩子さんの描く擬人化された食べ物の絵がとにかくかわいい。お寿司がしょうゆ味のカキ氷を食…

コんガらガっち ぬきあしさしあし すすめ!の本 | ユーフラテス,佐藤雅彦

『主人公の”いぐら”が 分かれ道を選んで進んで行くと… いろんな仕掛けを楽しんで読む絵本』 NHKのEテレ「ピタゴラスイッチ」でもおなじみのユーフラテス制作の絵本。とんちやダジャレやアナグラム、わかりやすいイラストと複雑な仕掛けが気に入って、幼稚園…

おしろとおくろ | 丸山誠司

『白ひげのおしろと 黒ひげのおくろが 競い合うおはなし』 りっぱな白ひげの「おしろ」。ふむふむ。それに対して黒ひげの「おくろ」がでてくる時点であれ?となるんだけど、じっさい、関ヶ原以後に建てられたお城は白くて、関ヶ原以前は黒いお城だったそうだ…

よい子への道 <2> | おかべりか

『学校や公園でしてはいけない事を 見開きで4枚のイラストを交えて 説明した絵本』 してはいけないと知りつつやったら面白そうな事がたくさん書かれた、まるで”いたずらの教科書”のような本で、つまり、こういう事をしなければ「よい子」になれるという訳だ…

どんぐりと山猫 | 宮沢賢治,小林敏也

『いちろうの家に突然 やまねこからハガキがきて、 どんぐりたちの裁判をすることになるお話』 お話じたいは有名な宮沢賢治のテキストそのままだ。 絵本の装丁と文字配置がダイナミックではげしい。 宮沢賢治の童話を絵本にしたものでも、これはかなり見ごた…

おまつり!おまツリー | 林木林,山口亜耶

『賑やかなお祭りを舞台に (ダジャレを交えて)繰り広げられる おまツリーとドロボットの追いかけっこ』 「おまツリー」の飾り付けを盗んだ「ドロボット」を追いかけていろいろなダジャレ屋台をめぐる絵本。作者の林木林さんはダジャレが得意。提灯や屋号や…

つばめこうくう | もとやすけいじ

『虫やカエルたちがつばめの背中に搭乗して 南の島へ旅をする、 航空サービスのお話』 つばめは背中に飛行機のシートをしょって空を飛ぶ。空き缶の飛行場や牛乳パックのビルがかわいく再利用された町。 つばめが座席部分を背負って飛ぶという発想も好きだ。…

うみのそこたんけん | 中川ひろたか,澤野秋文

『海の底を探検するおはなし』 新刊なので詳しくは書かないけど、 うみのみずがなくなったら、 島だったところは「山」になって、深い谷があって。 そんな風景が描き込まれている絵本。 絵本の構図が横になったり縦になったりする工夫も楽しい。 澤野秋文さ…

うどん対ラーメン | 田中六大

『うどんとラーメンが どちらがおいしいかを賭けて 公園で決闘するお話』 勝ち負けを決めるというシンプルなストーリーもわかりやすく、戦隊モノのパターンもすこし加わっており、男の子向けの絵本だなと思う。 麺類同士の熾烈な争いと、昼間の公園でのんび…

めっきらもっきら どおんどん | 長谷川摂子,ふりやなな

『神社の前で デタラメなうたをうたったら お化けの世界が開き、妖怪と遊んだお話。』 神社のまえでデタラメなうたをうたう、というトリガーで異世界に入り、もんもんびゃっこ、しっかかもっかか、おたからまんちんという妖怪たちと遊び、妖怪の世界の餅をた…

火星にいった3人の宇宙飛行士 | ウンベルト・エーコ,エウジェニオカルミ,海都洋子

『火星に着いた3人の宇宙飛行士たち、 地球人と火星人、 それぞれのコミュニケーションを描いた絵本』 ウンベルト・エーコの名前を絵本で見るというのは新鮮だ。このブログもすこし高尚になった感じがするではないか。 アメリカとロシアと中国の3人の宇宙飛…

不可能図形コレクション90選 | アル・ケッセル

錯視、だまし絵を集めた本。 絵本ではないけど、絵がかいてある本なので。 少し前にも借りてきて子どもに見せたらまるで食いつきが悪くてがっかりしたのだけど、最近また同じものを見せたらけんかになった。 1ページに1枚の錯視絵が載せてある。 じっさい…

綱渡りの男 | モーディカイ・ガースティン,川本三郎

『ニューヨークの貿易センタービルの間に ワイヤーを張って 綱渡りをした男の話』 1974年、貿易センタービルがまだ建設中の頃、フランス人の大道芸人がビルとビルのあいだにワイヤーを張って、綱渡りを決行した。 夜の間にワイヤーを張る作業をして、夜明け…

子どもが体験するべき50の危険なこと | Gever Tulley,Julie Spiegler,金井哲夫

『子どもと遊びながら楽しめる (すこしあぶない) 科学実験のサンプル集』 絵本ではないけれど、 ちょっと紹介。 小学1年生の夏休みに、「自由研究」の宿題としてこの本からいくつか実験をして、それをノートに書かせて提出したのだ。 たとえば「電池をなめ…

トルーシー・トルトルとトラ | ヘレン・スティーヴンズ

『トルーシーのパパはどろぼうで 動物園にでかけても盗んでばかり。 その様子を見ていたトラとトルーシーのお話』 かわいいタッチのイラストとともにほんわかとすすんでいく、トルーシーとパパのお話。 トラにたしなめられて、盗んだ品物を返すパパ。ほんと…

おせんとおこま | 飯野和好

『追分の茶屋ではたらく娘と 山の娘が出会い、 友達になるおはなし』 ワイルドなタッチで、少女と犬を通じて町と山の文化交流が描かれる自然系のお話なのだ。子どもたちは…ちょっとついていけなかった模様。 絵本に出てくる中山道はいまもあって、絵本の舞台…

おいしいパンがたべたいな | やまだうたこ

『きつねが女の子からパンを取ったら 硬すぎて食べられない。 森のみんなでなんとかしてこれを食べようとするお話』 水の分量を間違えたのか、女の子の自作のパンがどうやら失敗したようだ。 そのままではとても食べられないので、ゾウが踏んづけて伸ばした…

パパはわるものチャンピオン | 板橋雅弘,吉田尚令

『悪役プロレスラー”ゴキブリマスク”の仕事をしている パパの試合を見に行って、 複雑な気持ちで応援をするお話』 パパがプロレスラーという家庭は少ないかもしれないけど、仕事上、なんらかの悪役を演じる場面はいろいろある。そんな「父の仕事ぶり」をプロ…

したきりすずめ | 山下明生,しりあがり寿

『すずめを可愛がったじいさんが そのお礼に宝物のつづらをもらい、 すずめの舌を切ったばあさんが痛い目にあうお話』 有名な昔話なのであらすじは省略するけど、いなくなったすずめを探すときに「すずめのおやど」はどこだ?とおじいさんが言う。そういう名…

王さまなぞのピストル | 寺村輝夫,和歌山静子

『’コンコドル’から王さまへの脅迫状が届き 謎のピストルをトリガーに ふだんの生活が激変する冒険のおはなし』 テレビアニメにもなっている「王さま」の本。絵本というよりは児童書かな。 ぜんぶで4章になっていて、これを一晩づつ分けて読み聞かせていた…

ちっちゃなトラックレッドくんとグリーンくん | みやにしたつや

『たぬきのおじさんに頼まれて 研究所まで荷物をはこぶ 2台のトラックのお話。』 レッド君シリーズの最新作。 今回もたぬきのおじさんのところから、謎の荷物を運ぶのだ。行き先は「キラキラスター研究所」の「パンダ博士」。 あたらしく登場したのは、グリ…

ピヨピヨ おばあちゃんのうち | 工藤ノリコ

『おばちゃんの家でお留守番することになった 5ひきのピヨピヨたちが 手作りおやつを作って過ごすお話』 ピヨピヨシリーズの第6弾。 おばあちゃんに教えてもらってしそジュースや白玉だんごを手作りする。いつもやんちゃなピヨピヨたちも、そろそろ大きくな…

999ひきのきょうだいのおひっこし | 木村研,村上康成

『池が手狭になったカエルの一家。 引っ越しの移動中に死にそうになるも 無事に新天地へたどり着くお話』 引っ越しというと、大型家具や電化製品だったり洋服や本の梱包が大変なんだけど、そういうのを持たないミニマリストというか、カエルの場合、ただの移…

ぼくのおばあちゃんはキックボクサー | ねじめ正一,山村浩二

『キックボクサーのおばあちゃんと トレーナーをつとめるおじいちゃんと その家族のおはなし』 おばあちゃんがタイキックボクシングをしている時点でかなりファンキーなのだ。おじいちゃんはおばあちゃんの横でずっとニコニコしている。おばあちゃん級ボクシ…

5月に読んだ絵本

絵本 おはなをあげる | ジョナルノ・ローソン、シドニー・スミス このあとどうしちゃおう | ヨシタケシンスケ かわ | かこさとし しらないまち | 田島征三 べべべんべんとう | さいとうしのぶ おとうさんをまって | 片山令子・スズキコージ いっしょにあそば…

海底電車 | 松本猛・松森清昭

3行でまとめると 『海底電車に乗って てつおと車掌さんが 異世界を走る物語』 感想 おじいちゃんの家に引っ越してきたてつお。絶対入ってはいけないという禁断の部屋にそっと入るとそこには模型の電車がたくさんあった、というところから物語は始まる。 水…

ちっちゃなトラックレッドくんとイエローくん | みやにしたつや

『レッドくんとイエローくんが 水族館までのんびり回り道をしながら 頼まれた荷物を運ぶお話』 レッドくんシリーズ4作目。 レッドくんとイエローくんは、たぬきのおじさんから頼まれた荷物を積んで走りだす。アリ、トレーラー、ミキサー車が順番に登場して…

ドングリ・ドングラ | コマヤスカン

『火山が噴火した遠くの島を目指し リスの攻撃や雪山を超えて ドングリたちが長い旅に出かけるお話』 ドングリの行軍は長い。旅の途中でカードゲームをするドングリがいたりチェス盤を出して考えているドングリがいたりする。葉っぱを束ねて担いだり大太鼓を…

こまったうしのガイコツまおう | 松山円香

『うしなのか、ガイコツなのか、まおうなのか 方向性に悩んでいるうしのガイコツと しろねこが出会い、友だちになるお話。』 うしのガイコツ魔王という強烈なキャラクターながら、本人は自分探しをしている、というギャップ。うしになったりガイコツになった…

いっしょにあそばへん? | 岡田よしたか

『眠れない楽器たちが 夜な夜な公園にあつまって いっしょに音を出して盛り上がるお話』 表紙の絵を見た途端、これってあのハブラシくんと同じ人だね!といってよろこぶ長男くん。 夜中になるおくんのカスタネットが眠れなくて、とらこちゃん家のトライアン…

わんぱくだんのてるてるぼうず | ゆきのゆみこ,上野与志,すえざきしげき

『てるてるぼうずの力が弱っている原因は 雲の上の”ふるふるぼうず”。 これを洗ってあげて空が晴れるお話。』 わんぱくだんシリーズは全編を通して「向こうの世界」の話だ。序盤で概要説明が終わると何らかのトリガーを引いて向こうの世界につながる。そこで…

べべべん べんとう | さいとうしのぶ

『家族みんなの毎日のお弁当、 遠足、運動会のお弁当からおせちまで 美味しそうな絵で紹介する絵本』 絵本としてのストーリーはないけれどお弁当にはそれを作る人や持っていく人の背景があるので、そういうところは退屈しなかった。エビフライが好き、卵焼き…

おとうさんをまって | 片山令子 スズキコージ

『汽車に乗って遠くまで仕事へいったお父さんを おもちゃ屋のショーウインドーで機関車を眺めながら待つ 男の子と犬のワンダのお話』 ショーウインドーの中の機関車は、山を走っている。 シグナルができたり牛がいたり雪が降ったり煙突のある家ができたり、…

しらないまち | 田島征三

『えんそくの日に遅刻をして、違うバスに乗ったら タンポポが歩いて魚が生えて野菜のビルが建つ 変な世界に入り込んでしまったお話』 変な世界に行って、また帰ってくる。入り口は「しらないまち」方面の道で、これは家のすぐそばにある。帰りも、同じ方向か…

木のえほん どうぶつパズル | かしわらあきお

『パンダやキリンやゾウのかたちに くりぬかれた木製ピースをはめる パズルタイプのえほん』 マジックテープでくっつけるのでなんどでも遊べる。 3つか4つで構成されているので2歳くらいからあそべるかな。発売日から逆算すると、たぶんうちの子が遊んだの…

ほこほこのがっこう | ザ・キャビンカンパニー

『100年たった古い学校にすんでいる ほこりのおばけ’ほこほこ’たちが プールいっぱいのゼリーをつくるお話』 色や絵柄がポップで、ほこりのおばけたちのキャラクターもひとりひとり楽しい。ゼリーを作るという授業も楽しそう。うちの長男君は、去年の夏休み…

このあと どうしちゃおう | ヨシタケシンスケ

『しんだおじいちゃんが残したノートには こんな神様がいてほしい、お墓はどうしてほしいなど 読んでいて楽しくなるような”死の準備”が書いてあったという絵本』 シリーズ3作目になる。多角的なモノの見方を紹介する「りんごかもしれない」、自己分析のフレ…

おはなをあげる | ジョナルノ・ローソン、シドニー・スミス

『白黒の世界を女の子が歩いている。 女の子がお花を摘んで人にあげると、 風景が色付いてくるというサイレント絵本』 最初のページは白黒の絵で始まる。女の子がタンポポを摘むとそこに黄色が広がる。そのお花を誰かにあげるとまた少し色が広がる。 子ども…

4月に読んだ絵本

4月に読んだ絵本はこちら やこうれっしゃ / 西村繁男 しょうがっこうへいこう / 斉藤洋・田中六大 ともだちごっこ / 内田麟太郎・降矢なな とんでもない / 鈴木のりたけ おじゃまなクマのおいだしかた / エリックパインダー おばけの花見 / 内田麟太郎 ぼく…

こすずめのぼうけん|ルース・エインズワース,堀内誠一,石井桃子

『飛び方を習ったばかりのちいさなスズメが 巣を離れていろいろな鳥たちを訪ね さいごに母スズメのところへ帰ってくるお話』 スズメがそもそも小さいわけで、その子どもだからもっと小さい。 そんなちいさなスズメの絵がかわいい。 飛び疲れたこすずめが休も…

ゴミの日 | アーサー・ビナード

古川タクの線画イラストとともに楽しめる、アーサー・ビナードの詩集。 小学生も読める内容なのか、児童書のコーナーにあったもの。 後半は漢字が多くなっているけど 前半はそれなりに読めそうだ。 ミシガン州生まれのアメリカ人だが、日本語で作品を書いて…

4ページえほん うふっ!|高畠純

『どうぶつやミニカーたちの ちょっとしたやりとりを 4ページで表現した短編集のような絵本』 みじかいお話が4ページづつ書いてある構成。 ぼくが気に入ったのは、きりんちゃんとかえるくんかな。 こういうセンスのある絵本もたまにはいいね。 サイレント…

キャベツくんとブタヤマさん | 長新太

『吊り橋の上で行き交ったキャベツくんとブタヤマさんと 蛇やムカデとミミズがサカナに食べられそうになって、 吊り橋も落ちて逃げ出すお話』 高い吊り橋、流れの速い川。ブタヤマさんは空腹。 かなり危険な状況から話がはじまる。なにかが起こる雰囲気。 案…

おもちのきもち | かがくいひろし

『ちぎられて散り散りになっていく兄弟を 横目でみている鏡餅は家を逃げ出したが、 ふと自分を食べてみてその美味しさに気付いたというお話』 お正月でもなんでもないけど、前から気になっていたので読み聞かせてみた。 おもちが、じつは自分自身の美味しさ…

とらのこさんきょうだい かえうたかえうたこいのぼり | 石井聖岳

『いっしょにマネして歌ってみたくなる ”こいのぼり”の替え歌をたくさん歌う とらのこ3兄弟のお話』 「こいのぼり」にかかる修飾子である「屋根より高い」の部分をつぎつぎ置換していく替え歌と、それを絵にしているところがポイント。 替え歌があって、それ…

ぼくだってウルトラマン | よしながこうたく

『怪獣が怖くて戦うことができないウルトラマン”ユウキ”が 地球の子どもたちに相談し、特訓を受けて、 怪獣と戦えるようになる勇気の物語』 じっさいにウルトラ怪獣がたくさん出てくるので、ストーリーよりも 怪獣に食いつくのだった。メフィラス星人、ザラ…

I AIN'T GOT NO THINK. -絵本の3行まとめと感想文- おべんと- エレクトロニック新譜 -