読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I AIN'T GOT NO THINK. -絵本の3行まとめと感想文-

こどもに読み聞かせた絵本をはじからメモるブログ。

井上洋介さんとつきよのふたり

井上洋介さんの訃報を受けて。

 

これは1月に読んだ絵本。『つきよのふたり』。

見開きの2ページを大きくつかい、みじかい言葉で「つきよ」の風景が繰り広げられる絵本です。

「でんしんばしらとえんとつ」「ナマズとやなぎ」など、「ふたり」の組み合わせはいろいろなので「これは合うね」「これはわかんないね」って子どもといい合いながら読んだ。

 

よるを描いた絵本は、子どもたちはそれとなく好きなジャンルだ。谷川俊太郎の「よるのびょういん」はすこし怖いけどなぜか読みたくなるらしく、リクエストされて読んであげた記憶がなんどかある。ハロウィンやクリスマスのようなハッピーなよるの絵本もすきだけど。すこし異質でちょっと怖い感じに引き込まれる、そんな「よる」の世界を描いたものが好きだ。

 

そういえば大学のときに仏文学の教授が「よるは、こわいよ」と言っていたのを思い出した。白いひげを長く伸ばして詩人のようなふるまいの教授だった。

前後の意味あいはもう忘れてしまったけど、そのことばはよく覚えている。

子どもたちがいま感じているよるが、教授の言ってたよるのこわさにつながるというか、そもそも大人はそうした「よる」の本質について感じる時間を持たなくなるので、絵本を通じてそれを感じることで本質に近づくというか…。

 

よくわからなくなってきましたが、井上洋介さん、亡くなってしまいました。仏文学の白ひげ教授も随分前に亡くなりました。よるというテーマでつながったふたりでした。

 

 

 

つきよのふたり (にじいろえほん)

つきよのふたり (にじいろえほん)

 

 

 

よるのびょういん (こどものともセレクション)

よるのびょういん (こどものともセレクション)

 

 

 

 

I AIN'T GOT NO THINK. -絵本の3行まとめと感想文- おべんと- エレクトロニック新譜 -