読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I AIN'T GOT NO THINK. -絵本の3行まとめと感想文-

こどもに読み聞かせた絵本をはじからメモるブログ。

やったね!へんてこライオン | 長新太

『しんくんが道端にいるへんなライオンに出会うと

ライオンに異変が起こり、予想外の何かに変身する。

そのままライオンはどこかにいってしまう短いお話』

 

子どもたちが好きな”へんてこライオン”シリーズ。もうちょっとちいさいころ、上の子が幼稚園のころに、よく読んであげてたけど、小二の今もまだ楽しいらしい。

さいしょの見開きページでおおきなライオンが描いてあって、「しんくん」か「ゆうちゃん」がライオンに話しかける。次の見開きページでライオンに異変がおこる。次の見開きページで何かに変身して、”へんてこなライオンのお話です”で〆られて、次のシーンになる。

 

だいたいこの3段階のパターンで構成される。2段階目で、つぎにライオンはどうなるの?と予測をしてみて、次のシーンをみるのが楽しい。当たったり当たらなかったりする。ライオンは船になって海に出たり、バナナになったり、ブランコになったりする。なんでもありの感じもいいみたい。

 

 

長新太さんの絵本で好きなのは、淡々とした進行だ。ライオンも妙に敬語で喋ったりして、とぼけた感じがいい。ほかにも名作がたくさんあるので、また書こうと思う。

 

 

今夜は、親戚のお通夜に行ってきた。祖父の妹ということで、もう96歳の高齢だった。文字通り、天寿を全うされたといえますでしょう、とお坊さんも言っていた。親戚の方も集まり、久しぶりに会う従兄弟とも喋ったりした。こういう機会でしか会えない人もいる。

もう15年前に亡くなったけど、祖父は生前は親類が集まる会を定期的に開催していた。葬式でもないとなかなか会えない、という課題に対するひとつのアイディアだったのだな、と思った。

 

会場は意外と家から近かった。なのでそのまま家まで歩いて帰った。

 

 

やったね!へんてこライオン (おひさまのほん)

やったね!へんてこライオン (おひさまのほん)

 

 

I AIN'T GOT NO THINK. -絵本の3行まとめと感想文- おべんと- エレクトロニック新譜 -