読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I AIN'T GOT NO THINK. -絵本の3行まとめと感想文-

こどもに読み聞かせた絵本をはじからメモるブログ。

5月に読んだ絵本

絵本 月間

絵本

  1. おはなをあげる | ジョナルノ・ローソン、シドニー・スミス
  2. このあとどうしちゃおう | ヨシタケシンスケ
  3. かわ | かこさとし
  4. しらないまち | 田島征三
  5. べべべんべんとう | さいとうしのぶ
  6. おとうさんをまって | 片山令子・スズキコージ
  7. いっしょにあそばへん? | 岡田よしたか
  8. こまったうしのガイコツまおう | 松山円香
  9. ふつうに学校にいくふつうの日 | コリン・マクノートン / きたむらさとし
  10. なんでもあらう | 鎌田歩
  11. ドングリ・ドングラ | コヤマスカン
  12. ちっちゃなトラックレッドくんとイエローくん | みやにしたつや
  13. 海底電車 | 松本猛・松森清
  14. むかし日本狼がいた | 菊池日出夫
  15. 999ひきのきょうだいのおひっこし | 木村研・村上康成

児童書

  1. ケンタとアマノジャック | 山下美樹・市居みか
  2. パンツはながれる | 林正博・殿内真帆
  3. びんのなかのともだち | 垣内磯子松本春野
  4. おでんおんせんにいく | 中川ひろたか・長谷川義史
  5. おーいペンギンさーん | 岡田よしたか

 

5月は15冊。連休もあって、遠足もあって、学校も幼稚園もいそがしい。

小学生の子が読む児童書が多くなってきた。僕が読んでいないのもあるけど、「パンツはながれる」「おーいペンギンさーん」がよかった。

 

絵本で印象に残ってるのは、「海底電車」「このあとどうしちゃおう」「ドングリ・ドングラ」かな。「海底電車」は新刊。子どもたちも気に入って何度か繰り返し読んだ。やはり電車モノは鉄板なのか。

 

まだ紹介していない絵本は、「ふつうに学校にいくふつうの日」。

 

ふつうに学校にいくふつうの日 (世界の絵本コレクション)

ふつうに学校にいくふつうの日 (世界の絵本コレクション)

 

 

ちょっと変わった先生の授業を受けて、何の変哲もない日常が普通じゃなくなったというお話。日常の背景は単色で始まって、授業が進むと次第に色が増えていく演出になっている。きたむらさとしさんの絵もいい感じ。

 

ではまた来月。

I AIN'T GOT NO THINK. -絵本の3行まとめと感想文- おべんと- エレクトロニック新譜 -