読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I AIN'T GOT NO THINK. -絵本の3行まとめと感想文-

こどもに読み聞かせた絵本をはじからメモるブログ。

おかしな金曜日

絵本

母子家庭の洋一・健二の母親が

ある日突然姿を消してしまい、

子どもだけで暮らしていく話。

 

これは僕が小学生の時に、図書室でなんとなく読んでみた児童書だった。たしか5年生くらいだった。

 

冒頭、学校から帰るとテーブルの上にたくさんのお菓子がおいてあって、でもお母さんはおらず、お兄ちゃんのほうはなにかおかしいと思うけど、弟の方はお菓子に喜ぶというシーンが印象的。

 

父親はいない家庭のうえ、母親もなんらかの事情(とくに説明はされてなかった気がする)で蒸発してしまうところから始まる。

 

これ、後半のストーリーの記憶がまったくない。当時子供ながらにこの話が怖くて、最後まで読めなかったんだと思う。

 

いろいろ書評を読んで見ると、児童書としてアンハッピーなストーリーというのはあまりなくて、両親の離婚や蒸発というテーマもタブーだったという。

 

ただそういう重たいテーマだったせいか、全部読んでないにもかかわらず、いまだにこの本のことを覚えているのだった。

 

 

今日は寝る時に絵本を3冊ほど読み聞かせた。そのうち死神の絵本と、親子が別れる絵本があった。ちょっとアンハッピーな要素があるけどどれもいい話だったなと思いながら、「おかしな金曜日」のことを思い出したのだった。

 

 

おかしな金曜日 (偕成社文庫 (2080))

おかしな金曜日 (偕成社文庫 (2080))

 

 



I AIN'T GOT NO THINK. -絵本の3行まとめと感想文- おべんと- エレクトロニック新譜 -